06

ONLY ONE WAY

 俺はワセリンを香春のケツに塗り付け、そこいらを探った。力加減がわからないので、ごくやさしく、触るか触らないかくらいの強さで指を這わせる。

「……、ぁ…………」香春の脣から、もどかしげな声がこぼされた。腰が揺れる。さっきより幾分強めに、指を大きく動かしてみると、襞の中心が開いて内側へと誘ってくる。俺はそこに人さし指を飲み込ませた。ゆっくり、付け根まで全部入れてしまう。

「……っ、……ふ……」目を薄く開いて、しっかりと自分の足を抱えたまま、香春は俺の腕が伸びる先を見守っている。まだ全然余裕がありそうだ。中指を添えた。俺の指は香春のそれと違って、節が結構太い。指を鳴らしすぎると節が太くなるというが、あれはあながち迷信でもないのだろう。俺はガキの頃から、指の関節を鳴らすくせがあった。

「ッあぅ!」第二間接を埋めるとき、香春は高い声で喘いで、きつく指を締め付けてきた。

「痛い?」香春は首を横に振った。緊張していた穴が、呼吸に合わせて、きつくなったり緩んだりしはじめる。緩んだタイミングで、俺は突っ込んだ二本の指を、捻るようにしながら中で回した。香春はさらに、「うぅ」と泣いてるみたいな声を出す。痛いんじゃなけりゃ、気持ちいいんだろう。ゴム越しの香春のケツの中があったかい。俺は更にもう一本指を挿入して、逆手に入れた指先を、腹側に擦り付けるようにして動かした。

「ぃあ、あ……ッ、そこ、……ああ」

 香春は自ら腰をつかって、俺の指先に強く弱く、ある一か所を擦り付けてきた。他の場所よりも微かに固い感触。香春の、いじってもいないペニスは、膨らみきって反り返り、先走りを腹の上に散らせていた。当たり前の、同じ男の体なのに、なんでこんなにエロいものに見えるんだろう。俺は何の嫌悪感もなく、香春が自ら擦りつけてくる部分を、圧したり、ぐるぐると撫でたり、力の加え方を色々と変えながら、いじってやった。

「……あぁ……ア、ア、……ア……ッ」

 火照った香春の体から、松江の匂いが振り撒かれている。それが、実際の匂いなのか、今朝の記憶が呼び起こされただけなのかはわからない。でも、どっちにしたって同じことだ。

「もっぺん訊くけど、おまえの初めてって、松江?」松江、と口にしたら、勝手に指に力がこもってしまった。香春のケツが呼応して締まる。

「ア! ちょ、……んアッ、アッ、ア、」

 香春は脚を抱えた手を外して、反り返ったペニスを自分で慰めはじめた。腹筋の力と、壁についた足先だけで体を支えている。貧弱な腹筋が、びくびく震えているのが、妙にエロくて、俺は思わず舌なめずりをしていた。指の動きをさらにねちっこく、速くする。

「なぁ、いっぺんぐらい質問に答えろよ。おまえが松江を誘ったの? 数学の点数ほしいって?」

「ひァ、ア……ッ、レイカー、やめ、…………ッアひっ、ぅうっ、…………ッ!」

 掠れた悲鳴と共に、香春の体の中が収縮して、差し入れた俺の指を強く締め付けた。俺は顔を上げて、香春の様子を窺う。仰け反った顎を通って、鎖骨のあたりまでよだれが垂れてくる。開いた口の中で舌が浮いて、別の生き物みたいにひくひくと動いていた。黒い目は開いていて、でも、どこを見ているかわからない。自らのペニスを包んだ香春の指の隙間から、精液がもれて伝った。

「……ぅ、」

 壁で突っ張っていた香春の足から力が抜けて、ずり落ちる。まだ断続的に痙攣している内壁をわざと引っ掻くようにして、俺は指を引き抜いた。

「あうぅ……ッん…………」

 びっくりするほど艶かしい声と、さらにひとしずくのよだれが、香春の脣から溢れた。あそこがきつく締まって、出ていく寸前の俺の中指の先を、引き止めようとする。

 まだ焦点も定まらない、我を忘れた状態のエロい表情に、下腹部に溜まりきった俺の血がさんざめいた。

「香春、おい、」ピンクに上気した香春の頬に手を添える。

「うん…………」香春は、便器に深く座り、姿勢を立て直した。強く、ゆっくりとまばたきをする。その後で俺に向けられた黒い瞳は、潤んで揺れてはいたが、ちゃんと俺を見据えていた。「……おまえの、言う通りだよ」

「え?」

「……二年の、ちょうど今頃だった……。おれ、数llのテストで、赤点とって、それで…………、俺が、さそったんだ……。点数、ほしくて…………」

 やっと香春からもらえた答えに、俺は、「そう」としか、返せなかった。他に言うべき言葉が見つからない。だいたい、俺はいったい、どんな答えを求めていたというのだろうか。何をたしかめたくて、質問したのだろう。わからない。何も。香春の答えが嘘か本当かも、何もかも。

 香春は、俺をじっとみつめながら、俺の股ぐらに指を這わせ、動かしはじめた。

「俺……、まだ、松江しか、知らないんだ……」まだ、に、力をこめて、香春が言った。

「いれたい」俺はそれだけを言った。それだけは、本心だと確信できたから。

 香春の手が、俺のシャツの胸を這い、ポケットからコンドームを取り出した。慣れた動作でそれを俺のペニスに被せながら、「これ、ガチガチにならないの?」と訊ねてくる。さっき触った香春のそれと比べれば、俺の勃起した一物は、やわらかいと言ってもいいくらいではある。

「たぶん、これで精一杯。人種的なアレだと思うけど」

「なんだ。俺が男だから、退いてんのかと思ってた」

「退きはしないけど……おまえ、後ろ開発されすぎ」

「るせぇ……」

 松江しか知らないというのが本当なら、このエロいケツも、松江がつくったということだ。それを自ら俺に差し向けて、香春は便器を跨ぐ格好で立ちあがった。俺は、冷えた尻を両手でつかんで割りさき、カウパーと精液とワセリンでいやらしく汚れた中心部分に、自分のペニスを押し当てた。

「マジすっげぇ。とろっとろのだらっだら。女より濡れてる……」

「……ッ、や、めろよ、」

 言葉とは裏腹に、香春のそこは、押し入ってくる質量を期待してうごめいていた。二度、三度、俺はそこでペニスの先をすべらせ、香春を焦らせる。

「レイカー、……は、やく……っ、」

 きれぎれにねだる香春の膝の裏が、今にも崩れそうなくらい小刻みに揺れている。口の中にあふれてきた唾を、俺は喉を鳴らして飲み下した。やわらかく張りつめたペニスで、入口をこじ開ける。

「……香春……っ、……」

「…………ッ! ん、……ふぅ……ッ、」

 辿りつける限りの深いところまで、俺でいっぱいに拡げる。根元まで全部沈めきってから、俺は香春の腰を掴んでいた両の手を、それぞれ肩まですべらせた。後ろから羽交い締めにするように、薄いからだをきつく抱き締める。

 そのときだった。

「やっぱ大義いねーし」

 ふてくされたような声が、便所の入口の方から響いてきた。三濃部の声だ。来るな、と念じる間もなく、スリッパを引き摺るように歩く複数の足音が、トイレの中に入ってきた。身体の内側から、ドッドッドッドと烈しい重低音が打って、それが俺の脈なのか、抱き込んだ香春の血の流れなのか、わからない。

「先帰るとか、あいつほんとジコチューだな」小用を足す音と共に、陸の甲高い声が届く。それと同時に、香春の中が、尋常じゃない収縮をした。

「…………ッ!」つ、潰れる! マジで、陸テメェ、俺のが使いもんにならなくなったら絶対おまえのも潰してやるからな! 今すぐ便所の水で首洗っとけ!

「せっかく失恋記念にオゴってやろうと思ってたのになぁ……」マジかよ! さすが須藤、おまえは俺の親友だ! 愛してる! イケメン! とか、テンション高く冗談言ってても紛れるような痛みじゃない。もう何でもいい、何でもするから、だからおまえら早くどっか行ってくれ!

 俺は歯をくいしばって、香春のふとももや脇腹を、てのひらでやさしくさすった。それでも、香春の穴はちっとも緩まらない。くそ、痛ぇ。こうなったら念仏だ。無心になるのだ。アイムファインセンキューアイムファインセンキューアイムファインセンキュー。アーンジュー。唱えながら、俺は、冷たく汗ばむ香春の体をさすり続けた。

「……ッ、……ッ、…………ぅ……、」

 香春の、逸る心臓の音が、てのひらに直接感じられる。赤い頬で、自分の腕にシャツの上からかみついて、鼻で息をしているようだった。俺も必死だが、香春はそれ以上に必死に見えた。どうにかして、力を抜こうとしてくれている。それが、触れた肌から、息づかいから、伝わってくる。俺は、香春の脇腹を下に辿って、萎えたペニスを握った。音が立たぬよう、ごくゆっくり動かす。

「……っ、……ッ、……」

 香春の目じりにふくらんだ涙の粒が、堰を切ってすべり落ちた。手の中で、香春のものが少しずつ、膨らんでくる。それがとても、嬉しかった。締め付けも、僅かずつだが緩まってきている。いつの間にか、トイレの中は元の静寂を取り戻していた。階段を下っていく足音と、笑い声が遠くに聞こえる。

「香春、……も、だいじょぶ、だいじょうぶ、だから……」

「はぁ……ッ、はっ、……はぁっ、……あぁ…………」

 よだれの染みたシャツの袖から口を外し、香春は大きく息をした。俺を締め付けていた筋肉から、完全に力が抜かれる。俺はゆっくり雁首まで引き出して、我が息子の無事を確認した。盛大な、安堵の溜息がもれる。

「…………は、ああぁ……よかった……」

「レイカー、ごめ……、ごめんな、だいじょ、ぶ……、」

 謝りながら、首を後ろへひねった香春の額に、汗で髪が貼り付いていた。眉が集まり、もみあげも、濡れて小さな束をつくっている。薔薇色に火照った頬。その上にできた細い涙の轍を、またこぼれてきた新しい雫が辿ってゆく。

 たまらなくなって、俺はぎりぎりまで引いていた腰を、そこから力任せに打ち付けた。

「ぁうぅッ!」

 香春の腰骨を掴んで、長いストロークで出し入れを繰り返す。香春はしばらく、タイルの壁に爪を立てて喘いでいたが、そのうち乳首とペニスを自ら愛撫しながら、尻を回しはじめた。あんなにキツかったのが嘘みたいに、今は香春の中を、自由に動きまわれる。俺は香春の動きと逆の方向に腰をまわした。

「い、あ……ッ、ああ、レイカー、いい、いい……!」

「……っ、か、わら…………ぁあ……」

 なんだ、こいつ。何なんだよ。昂奮する。おかしくなる。際限なく柔らかい内壁が、みっちりと吸い付いてくる。どうなってんだ、こいつの体。何度でも、どこまででも。俺は我を忘れて腰を振りまくった。

「ひ、あ、……ひああ、ああっ、ああ……っ」

 目線をおかしくした香春が、烈しく手を動かして、自分のものをなぐさめている。このくそエロい姿を知ってる男が、俺以外にこの世にいて、しかもその男こそが、香春の初めての男で、香春をこんなにいやらしい体にしたのだ。破裂寸前に膨らんだその嫉妬までもが、俺の快感を鋭く煽ってくる。

「レイ……、ぁうん、うあッ、あ、ふ、あう……ッ!」

「……いい、……っ、香春、おれ、……来そ、う……」

「あ、俺も、レイカー、いく、……い……く……!」

「あ、……くる、…………うゥッ……!」

 つながったまま、俺はコンドームの中に射精した。香春の内側が、吐精を手伝うように痙攣する。全部出し切ってから、俺はゴムが外れないように根元を掴み、ペニスをそっと引き抜いた。香春は、体を震わせながら、覚束ない動きでトイレットペーパーを手繰っている。便座の蓋に、白い迸りが滴りかかっているのが見えた。

 衣服を整えた後で、香春は、便座の蓋をトイレットペーパーで丁寧に拭きはじめた。今この瞬間からこの光景を見始めた者がいたなら、まさかこいつがついさっきまで、尻にペニスを銜え込んで、顔を真っ赤にしてよがっていたなんて言っても信じないだろう。この涼しい顔で、自分の飛ばした精液を処理しているだなんて思いつくまい。香春の背中は、どこからどう見たって、頼まれてもいない便所掃除に精を出す、模範的な優等生にしか見えなかった。

 その優等生は汚れたペーパーを便器の中に放って、水を流した。俺は二人分のバッグを持って、先に個室を出る。しかし、香春は、すぐには出てこない。

「どうかした?」

 一歩後ずさって個室を覗く。香春はまだ、便器の前に立っていて、水がトイレットペーパーを押し流してゆく様を覗き込んでいた。

「……初めて松江とやったのも、ここだった」水の流れる音に紛れていたが、香春はたしかに、そう言った。個室から出てきて、黙って手を洗う香春の横顔に、そのことをわざわざ口にした意味や理由は見いだせなかった。別に、意味などなかったのかもしれない。

 香春は俺の手から自分のバッグを取りあげると、さっさと一人でトイレの入口を出てしまう。

「風邪ひくなよ」ふいに足を止め、振り返らずに香春は言った。

 すでに日は落ちていて、職員室前の廊下には蛍光灯が灯っていた。紺色のセーターの背中が、白い灯りに照らされている。俺は、自分が今日、シャツ一枚しか着ていないのだということを思いだした。けれど、体はまだすみずみまで温まっていて、少しの寒さも感じなかった。

「……おう」

 俺の返事を聞くと、後ろ姿でちょっと手をあげて、香春は廊下を真直ぐに遠ざかっていく。その先の角を二つ折れれば、そこには予備教室Bがある。明るい廊下に吸い込まれていく香春の背中を、なぜだか見ていられないような気分になって、俺はすぐに目を外した。

 薄緑の液体石鹸をてのひらにとって、手首まで、じっくりと時間をかけて洗う。泡を洗い流しても、石鹸のきつい匂いが手に残る。石鹸くさいと俺のペニスを吐き出した、朝の香春のことを思いだして、自分の手の甲を軽く歯で挟み、舌で舐めてみた。きついにおいにおえっと嘔吐く。こんなにヤバいものだったとは。香春にも悪いことをしてしまった、と思いながら、俺は急いで、残っていたコーラを一気に飲み干した。

inserted by FC2 system